外資系企業に転職したい!必要なスキルや勤務環境

語学力はどれくらい必要?

外資系企業への転職を検討しているなら、一定の語学力は必須です。詳細は応募先の企業や職種によって異なりますが、日本語しか理解できない状態では実務経験が豊富でも採用されるのは難しいのが実情といえます。なぜ語学力が求められるかといえば、本社が海外にあるからという理由もありますが、従業員を世界各国から集めているのでコミュニケーションに外国語が必要というのが最大の理由です。業務上の指示の受け取りや、同僚とのコミュニケーションは英語で行われるのが一般的な環境といえます。そのため、職種別の専門的な知識とともに英語による読み書きの能力が重視されます。語学力を伝えるため、語学試験の結果を提示するのもひとつの方法ですが、たいていの場合は面接で語学力を判断されます。

報酬や勤務環境はどうなっている?

外資系企業というと、報酬の高さをイメージするかもしれません。同じ年齢や職種で比較すると、日本企業よりも高額な報酬を得ている事例はたくさんあります。しかし、業務上の評価が報酬に強く影響する人事システムになっているのが一般的なので、報酬の増減は激しいと考えておくとよいでしょう。ただし、厳しいだけの勤務環境ではなく、サポート体制が整っているのが通例です。企業に利益をもたらしそうな企画であれば、部署や支店を超えて協力者を集めることに許可が出ることもめずらしくありません。日本企業と比較するとチャレンジしやすい環境になっているといえます。うまく成果を出せば、他社から移籍の提案が来るかもしれません。

日系企業に比べ給与水準が高いのが魅力です。さらに日系企業では年功序列型の昇進制度が根強く残っていますが、外資 IT業界は実力・成果主義です。能力さえあれば、成果に見合った昇進、昇給のチャンスがあります。