社会人から保育士になりたい人は必読!保育士になるには

社会人から保育士は目指せるのか

事務や販売員など今まで保育に関わる仕事をしていなかった人でも、保育士になりたいと思うことはあるでしょう。昔憧れていた職業だった、子どもを生んでから保育について興味を持つようになったなど、前職はまったく保育に関連しない仕事だったとしても保育士になれるのか気になりますよね。結論から言うと、社会人から保育士になることは可能です。以前に保育と関係した職で働いていたことがない人でもなれますので大丈夫です。同じように社会人から保育士になった人たちは沢山いるため、子どもと関わる仕事に就きたいと思う人は保育士を目指してみると良いでしょう。

保育士になるにはどうしたらいいのか

保育士になりたいといっても、ただ子どもが好きだからという理由では仕事に就くことはできません。保育士になる条件は主に2つあります。1つめは大学・短大などを卒業している学歴が必要です。そして、2つめは国家資格である保育士試験を受験し、合格して保育士資格を取得する必要があります。1つめの条件に当てはまる場合、保育士の資格が取得できる大学や短大、専門学校を卒業するという方法で保育士を目指せます。保育士試験は筆記試験と実技試験の両方があります。8科目の科目を合格することが必要で、3年間の有効期間があります。もしもすべての科目が合格することができなかったとしても、期限内で再度不合格の科目のみを受験することが可能です。合格率は10%となかなか難関な資格ですが、勉強方法の工夫や保育の仕事がしたいという意欲、熱意の気持ちで取り組めば、合格できない資格ではないでしょう。合格して保育士証を受け取れば、晴れて保育士として就業することができます。

保育士の求人を大阪で探しているなら、条件にこだわることが大事です。通勤しやすいエリアや希望の報酬を明確にして調べれば、とても効率的です。