直接雇用の仕事を探そう!!派遣契約もメリットがある!!

工場を運営する会社と直接雇用契約

アルバイトと正社員と聞くと待遇がかなり違うように感じるかもしれません。でもどちらも働く会社と直接雇用契約を結ぶので、その会社で決められた就業規則に基づいて仕事をする点では同じです。工場の求人に応募する時には求人情報をチェックし、どこが募集をしているのか確認しておきましょう。働く工場を運営する会社が直接面接などを行ってくれるなら直接雇用してもらえます。直接雇用してもらえるメリットとしては安定して仕事ができる点が挙げられるでしょう。正社員なら定年までできるでしょうし、アルバイトでも最初に希望した期間仕事をさせてもらえます。経験によってより責任のある仕事に登用してもらえたり、アルバイトなどから正社員になれる道もあるでしょう。

派遣会社を通して工場で働く

アルバイト情報誌で工場での仕事を探していると、一つの求人にいくつもの職場が掲載されているケースがあるでしょう。そしてそれらの職場はそれぞれ運営会社が異なっていて、時給なども微妙に違うときもあります。これは派遣会社が出している求人で、応募すると派遣会社の面接を受けた上で採用後に各々に派遣されます。いくつかの職場があるときは一応その中から希望を伝えられますが、ケースによっては希望外の職場に行くように言われるときもあるでしょう。派遣で働くメリットとして給料そのものが高くなる時があります。ただし正社員やアルバイトに支払われる交通費やボーナスが支払われないとトータルの給料は少なくなるでしょう。あまり責任のある仕事にはつけず、単純作業を繰り返す仕事が多くなります。

住み込みの求人は、特定の技術や経験などが要求されないものが多く、賃貸マンションやアパートを契約するよりも毎月の家賃を安く抑えられるといった魅力があります。