薬のスペシャリスト 薬剤師の仕事を知ろう!

薬剤師ってどんな仕事?

病気やけがをして病院に行ったとき、処方箋を出されることが多いですよね。その処方箋に基づいて調剤を行い、私たちに薬を提供してくれるのが薬剤師です。薬剤師は医療用と一般用のすべての薬を販売することができ、一般薬を販売するときには症状などを聞いて、その患者に合う薬を提案することもあります。ほかにも、服薬指導や薬の飲み合わせのチェックをしたりと非常に専門性の高い職業で、まさに薬のスペシャリストと言えます。薬剤師は、医師や看護師同様、私たちの日々の健康を支えてくれる大きな役割を担っているのですね。

薬剤師になるためには?

薬剤師になるには、年に1度の国家試験に合格することが必須です。国家資格を取るには、大学の薬学部もしくは薬科大学で6年間の薬剤師養成課程を修了していなければなりません。薬剤師には薬の知識はもちろん、生物学や有機化学など幅広い知識も求められます。また、医療の世界は日々進化していることから、大学で学ぶ6年間だけでなく、薬剤師として働くようになってからも勉強の継続は欠かせません。薬剤師というと医療機関や薬局で働いているイメージですが、それだけではありません!新薬の開発に携わる薬剤師や、学校の衛生管理を専門としている薬剤師などもいて、職場や仕事内容も多種多様なのです。薬を扱う仕事ではあるものの、人と密接に関わる仕事でもあります。薬剤師として働くには国家資格だけでなく、高いコミュニケーション能力や勉強を続ける好奇心も求められるのです。

薬剤師のシニア求人は雇用形態、勤務日数、また勤務地などプライベートと両立しやすい働き方を希望することができます。