工場で働きたい!というあなたへ。あらかじめ確認しておくべきポイント

本当の残業時間はどうなのか?

これは工場勤務に限ったことではありませんが、残業時間の実情を知っておくのは重要なことです。求人内容の中に残業時間が20時間から40時間というように幅を持たせていることろは注意が必要です。この書き方だと毎月40時間の残業があってもおかしくはないですよね。

残業時間が20時間と書かれていたも、それが平均時間なのか最大時間なのかはきちんと面接の際に確認をするべきでしょう。

職場の環境はどうなのか?

一口に工場と言っても業種によって職場環境はかなり違ってきます。場合によってはきつい、汚い、厳しい、いわゆる3Kの職場もあります。給料が良くてもそのような職場環境だと長続きしません。

そういう面では食品や医療関連の工場は作っているものが作っているものだけに、空調がきちんと管理されています。また当然のことながらクリーンさも保たれた環境です。厳しいという面に限ってはその会社や働く人の考えもありますので何とも言えませんが。

夜勤はできるだけ避けましょう。

人間は本来、夜に寝て朝に起きるということを習慣にしている生き物です。なので夜に働いて日中に寝るというような生活はあまり身体によくないのです。特に日勤と夜勤の交代制という勤務は生活リズムが崩れてしまい、様々な弊害が出る可能性があります。若い時ならまだしもある程度の年齢をとった人にはお勧めできません。もちろん個人差もありますので一概に否定はしません。身体がそのような生活習慣に順応できる人は別です。

幅広い年齢層の人が働いているか?

幅広い年齢層の人が働いているかどうかの確認も重要です。

よい環境の職場は幅広い年齢層の方が働いているものです。逆に偏った年齢層の人ばかりの職場だと何らかの事情がある可能性が高いと思われます。

新潟の工場の求人は、年齢、学歴、経験を問わず応募できるものがあります。有名企業に入社して高給を得ることも可能です。