正社員と非正規社員どちらを選べば良いの?それぞれの特徴を紹介

正社員の良さと欠点について

仕事探しをする時には、正社員か非正規社員どちらの求人を探せば良いのか迷う事があります。そこで、正社員の方が安定感と将来性という意味ではメリットが大きいです。正社員は、非正規社員よりも給料が高く、しかも会社によって年複数回ボーナスが支給される事もあります。多い所だと、ボーナスが毎年数百万円ぐらい支給される事もあり非正規社員だと届かないような給料をもらう事が出来るでしょう。さらに、昇進や昇給によって給料が大幅にアップ出来る事があり、将来性も期待出来ます。

ただ、欠点としては採用試験の難易度が高い事です。特に大手会社だと志望者数も多く、採用されるためには念入りの準備が必要になります。自分のスキルを上げて、上手く採用試験をクリアするように努力しましょう。

非正規社員のメリットと欠点

非正規社員には、アルバイトや派遣社員がありますがメリットとして自由度が高い事です。例えば、自分の好きな時間帯や曜日で働く事が可能で、プライベートと両立しやすいです。昼間だけ働いて夜はプライベート時間に費やすという事も簡単でしょう。また、正社員よりも希望休を取りやすいので、旅行の計画も立てやすいです。このように、仕事を自分の考えで上手くコントロールしやすいので、アルバイトや派遣社員で働いている人も多いですよね。

ただ、欠点もあり例えばボーナスが支給されないことが多く福利厚生も正社員と比較すると物足りなさがあります。さらに、月収が少ないのも特徴の1つです。そこで、将来性と待遇を求めるのであれば正社員を選び、プライベートを重視したいのであれば非正規社員を選ぶのがおすすめです。

何も考えずに仕事探しをすると、思うような結果を出すことはできません。重要なのは、今の自分のレベルを知ることです。それに合ったものに絞って探せば、仕事を見つけやすくなります。